中国の億万長者が投資するのはフィリピンのどの地域ですか?
Which Area in the Philippines Will the Chinese Billionaires Invest?
オリジナル 翻訳

Google翻訳が提供する技術サポート

大まかに推定すると、中国のビジネスマンはフィリピンの人口の2%を占めていますが、フィリピンの経済と経済資源の80%近くを支配しています。フィリピンの主要産業は、銀行、輸送、タバコ、薬から不動産、通信、ケータリング、小売まで、基本的に中国企業が支配しています。

2018年のForbes Worlds Billionairesによると、フィリピンの金持ち上位10人のうち8人は中国人ビジネスマンです。彼らは、市志城、呉義hu、陳永za、陳周中、heng少建、呉C人、C奇文、徐文nzです。

上記のフォーブスのリストでは、フィリピンの富裕層は福建省と同じ中国の出身です。フィリピン系中国人の85%以上が福建省出身です。広東国民が2位で、全体の約1/10を占めています。

第二次世界大戦後、中国のビジネスマンはフィリピンの社会的および経済的変革の機会をつかみ、ビジネス指向から製造業や他の産業にタイムリーに切り替え、多様化に向けて発展しました。彼らは、輸入貿易、製造業、第三次産業で印象的な成果を上げています。

1位のShi Zhicheng(Henry Sy Sr.)氏の純資産は200億ドルです。彼の家族は、3つの貴重なフィリピン企業、SM Investments Corporation(SMIC)、SM Prime Holdings、およびBDO Unibankを率いています。

フォーブスによると、2018年に、Shi Zhichengは183億ドルの富を持ち、フィリピンで最も裕福な人物となり、Forbes Worlds Billionaires the Philippinesのリストで1位になりました。 Shi Zhichengは11年連続でフィリピンで最も裕福な男性です。

Shi ZhichengのSMホールディングスグループは、フィリピンの小売ショッピンググループの最大の開発者および運営者です。フィリピンに72のショッピングモール、中国に7つのショッピングモールがあります。 SMには950万平方メートルの商業施設があります。フィリピンには18,153のテナントがあり、中国には1,940のテナントがあります。

Shi Zhichengはまた、数千人のフィリピン人労働者の雇用を創出し、彼らとその家族が生活の質を改善するのを支援しています。フィリピンでは、市志城も地元の人々から非常に尊敬されている成功した起業家の一人です。

JG Summit Holdingsの創設者であるWu Yihui(JohnL。Gokongwei、Jr)は、フィリピンで2番目に裕福な人物です。彼は85億8000万ドルの価値があり、世界で305位です。グループは、Universal Robina(地域産業グループ)、Airlines Cebu Pacific(手頃な価格の航空会社)、およびRobinsons(不動産開発会社)を所有しています。

中国福建省X門で生まれたウー・イーフイは、1歳未満のときに両親と一緒にフィリピンに移住しました。

食品小売、不動産、航空、通信、ホテルのケータリング、ショッピンググループ、銀行と金融、出版、および「フィリピンリーカシン」として知られるその他の分野を含む、半世紀以上にわたってJGサミットホールディングスを設立しました。 Wu YihuiのRLCは、フィリピンの4大上場不動産会社の1つです。 2003年には、20億元を投資して、X門鉄道駅ビジネスサークルにロビンソンショッピングモールを建設しました。

チェン・ヨンザイは、かつてフィリピンで最も裕福な人でした。彼はティーンエイジャーとして有名になり、「タバコの王様」、「ビールの王様」、「航空会社の王様」などを含む多くの星の輝くラベルを彼につけました。フィリピンでは、チェン・ヨンザイの評判はよく知られていると言えます。数十年の開発の間に、彼の企業はフィリピン国民生活の多くの側面に浸透し、人々が食品、衣料品、住宅、輸送で必然的に出会うブランドになりました。

中国福建省のjiang江で4歳で生まれたチェン・ヨンザイは両親と一緒にフィリピンで暮らしました。 20歳で、彼は親relativeや友人の助けを借りて澱粉加工工場を始めました。 6年後、彼はフィリピンにいくつかのグリセリン工場を設立し、フィリピンのグリセリン市場を管理しました。

1970年代以来、チェンヨンカイの企業グループは大きく拡大し、繁殖、銀行業、鉄鋼、ビール、航空などの分野に進出しました。

今日、チェンのグループは、数百の企業を持つ40以上の産業に参入しています。その結果、チェンはフィリピンで最大の雇用主の1人になりました。彼は、50,000人以上の従業員に雇用機会を提供し、無数の間接的な受益者とともに、ほぼ100万人の農家に直接生計を提供しています。

上記のように、フィリピンの中国人ビジネスマンの富の鍵の1つは、「価値を維持する」「トラブルが発生する前に防止する」という従来の考え方です。これにより、彼らは資産をより高い価値を持つ固定資産の形で保管することに注意を払うようになります。不動産の購入は、彼らが行うヘッジオプションです。それでは、これらの中国人ビジネスマンのほとんどは、フィリピンで不動産を買うのが好きですか?家を買うために大きなショットに従ってください、それは決して間違っていません。

過去には、マニラの伝統的なビジネス地区を支持していました。

これらの中国人ビジネスマンは以前にフィリピンを開発したため、フィリピンの不動産を購入したとき、マカティやBGCなどの古いビジネス地区は現在ほど飽和していませんでした。彼らはできるだけ早くこれらの場所の不動産に投資しました。

徐々に発展するにつれて、そのような古いビジネス地区は飽和状態になりました。中核ビジネス地区の場所に依存していますが、住宅価格が上昇する余地はまだたくさんありますが、こうした場所はこれらの裕福な投資家の優先オプションではありません。

都市化の拡大と都市人口の増加に伴い、都市に対する圧力の増大に徐々に取り組むための新しい地域が必要です。そのため、鉄道輸送建設を積極的に実施しながら、都市の周辺に沿ってのみ拡大し続けることができます。「トラック+プロパティ=ニュータウン」土地開発モデルは、フィリピンの都市建設の主なテーマです。

マンダルヨンとケソンに代表されるマニラ首都圏では、新しいビジネス地区が近年フィリピン政府の注目を集めています。ビジネスコミュニティの多くの大物も、これら2つの領域に細心の注意を払っています。

ギャンブル業界は徐々にマンダルヨンとケソンに移行します

ブルームベリーグループのケソンシティにギャンブルリゾートを建設する計画は、今年突破口となり、2022年に完了する予定です。先月、グループは、2つの子会社が400億ペソ(約7億6500万ドル)の10年間の融資契約に署名したことも発表しました包括的なリゾートホテルの設計、建設、開発のため。

フィリピン、ケソンのクバオに新しい観光エリアが設立されます

これは、最近のフィリピンの観光と不動産に関する最も影響力のあるニュースの1つです。ケソン市のハーバートバウティスタ市長は、キューバオアネフタの中核ビジネス地区がケソンの新しい観光地であると発表しました。これにより、フィリピンの旧首都の経済発展に新鮮な血液が注入され、「ケソン」は「ビジネス+観光」の新しい経済発展モデルも切り開きます。

ケソンは2020年までに世界有数の医療観光地になる予定です。ハーバートバウティスタ市長が署名した法令によると、ケソンはフィリピンの新しい健康観光の首都として知られています。さらに、フィリピンの電気通信会社Globeはケソンで協力し、ケソンアネフタビジネス地区でGowifiのビジネス協力を開始することを決定しました。さらに、Globe Telecom(GLO。PS)は、中国のHuawei社が提供する機器を使用して、東南アジアで5Gブロードバンドサービスを開始した最初の企業です。上記はすべて、国内外のより有名な企業やより革新的な中小企業の将来の魅力の豊かな基盤を提供します。

ケソンニュービジネスディストリクトの設立は、高層ビルの建設と道路輸送だけではありません。それはまた、知恵と健康という新しい町の開発コンセプトを注入します。さらに、他の確立されたビジネス地区と比較して、ケソン自体は自然環境の他の都市よりも優れています。巨大な野生動物公園と都市公園広場があります。快適な環境があり、とても住みやすいです。

これが、多くのフィリピン人がここに住むことを好む理由の一つです。都会のnoise騒から遠く、より健康的で快適な生活環境。はい、ケソンはフィリピンで最も裕福な場所が住むのが好きなNo.1の場所です。また、マニラ首都圏で最大のヴィラを持っています。

富裕層が最も集中している地域としてのケソンは、常に富裕層に好まれている都市です。フィリピンにはLRT2とMRT3の重要な交差点があるだけでなく、マニラの将来のメトロポリタンメトロラインに必要な都市でもあります。交通のハブとして、ケソンは交通がケソンにもたらすより大きな都市開発の可能性を好みます。

将来的には、ケソンは磁気的に魅力的な都市に発展し、人口、観光、その他の要素の集中を誘致します。

グローバルな不動産投資の詳細とニュースについては、次をご覧ください。

Facebook:うおる

リンク先:うおる

Twitter:Uoolu海外不動産投資


Roughly estimated, Chinese businessmen account for 2% of the Philippine population, but control nearly 80% of the Philippine economy and economic resources. From banking, transportation, tobacco and medicine to real estate, communications, catering and retailing, the main industries in the Philippines are basically dominated by Chinese enterprises.

According to the Forbes Worlds Billionaires in 2018, eight of the top 10 rich people in the Philippines are Chinese businessmen. They are Shi Zhicheng, Wu Yihui, Chen Yongzai, Chen Juezhong, Zheng Shaojian, Wu Congman, Cai Qiwen and Xu Wenzhe.

In the Forbes list mentioned above, the rich Chinese in Philippines come from the same province of China: Fujian. More than 85% of Filipino Chinese are native to Fujian. Cantonese nationals took the second place, accounting for about one-tenth of the total.

After the end of World War II, Chinese businessmen seized the opportunity of social and economic transformation in the Philippines, switching from business-oriented to manufacturing and other industries in a timely manner, and developing towards diversification. They have made impressive achievements in import trade, manufacturing and tertiary industries.

Mr. Shi Zhicheng (Henry Sy Sr.), ranked first, has a net asset of $20 billion. His family leads three valuable Philippine companies: SM Investments Corporation (SMIC), SM Prime Holdings and BDO Unibank.

According to Forbes, in 2018, Shi Zhicheng became the richest person in the Philippines with a fortune of USD 18.3 billion dollars, ranking first in the list of Forbes Worlds Billionaires the Philippines. Shi Zhicheng has been the richest man in the Philippines for 11 consecutive years.

Shi Zhicheng's SM Holdings Group is the largest developer and operator of the Philippine retail shopping group. It has 72 shopping malls in the Philippines and 7 shopping malls in China. SM has a total retail property area of 9.5 million square meters. There are 18,153 tenants in the Philippines and 1,940 tenants in China.

Shi Zhicheng has also created jobs for thousands of Filipino workers, helping them and their families improve their quality of life. In the Philippines, Shi Zhicheng is also one of the successful entrepreneurs highly respected by the local people.

Wu Yihui (JohnL. Gokongwei, Jr), founder of JG Summit Holdings, is the second richest person in the Philippines. He is worth $8.58 billion and ranks 305 in the world. The group owns Universal Robina (a regional industrial group), Airlines Cebu Pacific (an affordable airline) and Robinsons (a real estate development company).

Born in Xiamen, Fujian Province, China, Wu Yihui immigrated to the Philippines with his parents when he was less than one year old.

He founded JG Summit Holdings for more than half a century, involving food retailing, real estate, aviation, telecommunications, hotel catering, shopping groups, banking and finance, publishing and other fields, known as "Philippine Li Ka-shing". Wu Yihui's RLC is one of the four largest listed real estate companies in the Philippines. In 2003, he also invested 2 billion yuan to build Robinson Shopping Mall in Xiamen Railway Station Business Circle.

 

Chen Yongzai was once the richest man in the Philippines. He became famous as a teenager and had many star-sparkling labels on him, including "King of Tobacco", "King of Beer", "King of Airlines" and so on. In the Philippines, Chen Yongzai's reputation can be said to be well known. During decades of development, his enterprises have penetrated into many aspects of Philippine national life and become a brand that people will inevitably encounter in food, clothing, housing and transportation.

Born in Jinjiang, Fujian, China, at the age of 4, Chen Yongzai made a living in the Philippines with his parents. At the age of 20, he started a starch processing factory with the help of his relatives and friends. Six years later, he founded several glycerine factories in the Philippines, which controlled the glycerine market in the Philippines.

Since the 1970s, Chen Yongcai's enterprise group has expanded greatly, and has entered the fields of breeding, banking, steel, beer, aviation and so on.

Today, Chen's Group has entered more than 40 industries with hundreds of companies. As a result, Chen has become one of the largest employers in the Philippines. He provides employment opportunities for more than 50,000 employees and provides livelihoods directly for nearly a million farmers, with countless indirect beneficiaries.

 

As mentioned above, one of the keys to the wealth of Chinese businessmen in the Philippines is their traditional way of thinking of "maintaining value" and "preventing trouble before it happens". This makes them pay attention to storing their wealth in the form of fixed assets with higher value. Buying real estate is a hedging option they will make. So where do most of these Chinese businessmen like to buy real estate in the Philippines? Follow the big shots to buy a house, it will never be wrong.

In the past, they favored traditional business districts in Manila.

Because these Chinese businessmen have developed the Philippines earlier, when they bought Philippine real estate, the old business districts such as Makati and BGC had not been as saturated as they are now. They invested in real estate in these places as early as possible.

With gradual development, such old business districts have become saturated. Although relying on the location of core business districts, there is still a lot of room for house prices to rise, such places are not the prioritized option of these rich investors.

With the expansion of urbanization and the increase of urban population, it needs new areas to undertake the increasing pressure on the city gradually. So it can only continue to expand along the periphery of the city, while vigorously carrying out rail transit construction: "track + property = new town" land development model is the main theme of urban construction in the Philippines.

In Metro Manila, represented by Mandaluyong and Quezon, new business districts are under the close attention of the Philippine government in recent years. Many big shots in the business community are also paying close attention to these two areas.

Gambling industry gradually shifts to Mandaluyong and Quezon

Bloomberry Group's plan to build a gambling resort in Quezon City will make a breakthrough this year and be completed in 2022. Last month, the Group also said that its two subsidiaries signed a 10-year loan agreement of 40 billion pesos (about $765 million) for the design, construction and development of the comprehensive resort hotel.

A new tourist area will be established in Cubao, Quezon, the Philippines

This is one of the most influential news about tourism and real estate in the Philippines recently. Quezon Mayor Herbert Bautista announced that Cubao Anehuta Core Business District is the new tourist area of Quezon. This will inject fresh blood into the economic development of the old capital of the Philippines, and "Quezon" will also open up a new economic development model of "business + tourism".

Quezon plans to become the world's leading medical tourism destination by 2020. According to a decree signed by Mayor Herbert Bautista, Quezon will be known as the new health tourism capital of the Philippines. In addition, the Philippine telecommunications company Globe cooperates in Quezon and decides to launch Gowifi business cooperation in Quezon Anehuta Business District. In addition, Globe Telecom (GLO. PS) is the first to launch 5G broadband services in Southeast Asia, using equipment provided by Huawei, China. All above provides fertile ground for the future attraction of more famous enterprises at home and abroad and more innovative SMEs.

The establishment of Quezon New Business District is not only the construction of high-rise buildings and road transportation. It also injects the new town development concept of wisdom and health. Moreover, compared with other established business districts, Quezon itself is superior to other cities in natural environment. It has a huge wildlife park and a city park square. It has a pleasant environment and is very livable.

This is one of the reasons why many rich Filipinos like to live here. Far from the noise of the city, a healthier and more comfortable living environment. Yes, Quezon is No.1 place that the richest places in the Philippines like to live in. It has also the largest villas in Metro Manila.

Quezon, as an area where the rich are most concentrated, has always been the preferred city for the rich. Not only is there an important intersection of LRT2 and MRT3 in the Philippines, but it is also a necessary city for the future Metropolitan Metro Line in Manila. As a transportation hub, Quezon prefers the greater urban development potential that traffic brings to Quezon.

In the future, Quezon will develop into a magnetically attractive city, attracting the concentration of population, tourism and other elements.

For more information and news about global real estate investment, please follow:

Facebook: Uoolu

Linkedin: Uoolu

Twitter: Uoolu Overseas Real Estate Investing


共有する:

人気のコンテンツ

海外物件 ニュース

アジア
北美
ヨーロッパ
オセアニア
南アメリカ