安定した流行、購入の勢いが徐々に再開、開発者は今後数か月で2,700を超える新しい個人住宅を発売する
疫情稳定买气逐渐恢复 发展商未来数月将推出超过2700个新私宅单位
オリジナル 翻訳

Google翻訳が提供する技術サポート

安定した流行、購入の勢いが徐々に再開、開発者は今後数か月で2,700を超える新しい個人住宅を発売する



COVID-19の流行が安定し、市場での購入が徐々に回復するにつれ、多くのデベロッパーも新しい民間住宅プロジェクトの立ち上げに向けて準備を進めています。

統計によると、今後数か月以内に開始される10件近くの新しい民間住宅プロジェクトがあり、総戸数は2,700戸を超えると推定されています。その中でも、ダーロードにあるForett @ Bukit Timah(Forett @ Bukit Timah)が今週発売され、ブロック解除後の最初の大型プロジェクトとなり、バイヤーや市場からの注目が集まると期待されています。

その他の注目度の高い新しいプロジェクトには、シェンの通路のペンローズとクレメンティロード1のクラボンがあります。どちらも約600ユニットの中規模プロジェクトです。

ERA産業の最高経営責任者であるLin Dongrong氏は、Lianhe Zaobaoとのインタビューで、フルイクスアンが住宅の管理者からの販売許可を待っていることを明らかにしました。承認されると、今週と建国記念日のプレビューアクティビティを開始する予定です。期間が正式に開始されました。

これは、4月7日から6月1日までウイルス対策が実施されて以来、開発者が立ち上げた最初の大規模プロジェクトとなります。

「過去3か月間に不動産市場で立ち上げられた新しいプロジェクトはありません。フルイクスアンの立ち上げは必然的に市場とバイヤーの注意を喚起します。さらに、これは閉鎖後最初の大規模プロジェクトです。その販売レスポンスは開発者にとってポジティブです。それは彼らが不動産市場の傾向を予測することを可能にする重要なガイドの役割を果たします。」

フルイシュアンは、清建不動産とペレニアルランドによって共同開発された、合計633戸のフリーホールド土地リースプロジェクトです。1平方フィートあたりの販売価格は、約1950人民元になると予想されています。

当初は5月に立ち上げる予定でしたが、ブロッキング対策の1か月延長により今まで延期されていました。

林東栄氏によると、最近、民間住宅市場は大幅に回復しました。先月、新しい民間住宅の売り上げは、前月の2倍以上になりました。開発者は、不動産市場の回復を利用して、潜在的な購入者をすぐに獲得する必要があります。実際、Cairnhill 16とMooi Residencesは、先週予定よりも早く「営業」を開始し、営業活動を開始しました。それらは50単位未満の小さなプロジェクトであり、平方フィートあたりの販売価格は2500元を超えています。

次に登場する新しいプロジェクトは、ペンローズとクラボン、チャイナタウンのジェンルイロードのランドマーク、ホランドロードのオランダのハイル、ブキットティマロードのリンク@ビューティーワールド、そしてギルマードロードの野間など

プロプネックスのIsmail Gafoor社長は、今後立ち上げられるプロジェクトのほとんどは都市の周辺にあり、場所は非常に優れていると指摘しました。Hyllon Holland、Linq @ Beauty World、Nomaなどのプロジェクトはさらに珍しく、永続的です。土地賃貸民家プロジェクト。

「新しいプロジェクトは非常に魅力的です。それらは多くのバイヤーを引き付け、市場全体の購買意欲を高め、病気になる前に新しい個人住宅の販売を月額約700から800ユニットのレベルに押し上げると推定されています。より高い。」

Ismailは開発者がバイヤーを引き付け、より良い販売結果を達成するために合理的に価格を設定する必要があると述べています。

今月の都市再生機構の発表によると、6月の新築住宅の売り上げは2倍以上の998戸となったものの、今年の第2四半期も住宅価格は前月比1.1%下落し続けた。

ハットンズリアルエステートグループ(ハットンズ)のリサーチディレクター、リーサイド氏は、新しいプロジェクトの立ち上げは民間住宅取引を促進すると語ったが、中国は依然として景気後退の圧力に直面している。家を売る機会。

翌月の19日から9月16日まで、通称「ゴーストフェスティバル」として知られる7番目の太陰月は、常に不動産市場のオフシーズンと見なされてきました。しかし、Li Sideによると、多くの開発者は、現時点で新しいプロジェクトを立ち上げると信じており、販売環境は冷たくはなく「暑い」かもしれません。

彼は笑って言った:「Covid-19とブロック措置は多くの人々の取り決めを混乱させました。例えば、この期間の学校の休暇は9月中旬に始まるべきです。したがって、翌月は「ゴーストフェスティバル」ですが、開発者はそうではないと推定されますこの問題をタブーにして、バイヤーの関心を引き付け続けるために現在の急成長している機会をいかに活用するかにもっと注意を払います。」


疫情稳定买气逐渐恢复 发展商未来数月将推出超过2700个新私宅单位



随着冠病疫情稳定下来,市场买气逐渐恢复,不少发展商也摩拳擦掌,准备趁势推出新私宅项目。

据统计,下来几个月将推出的新私宅项目有近10个,单位总数估计超过2700个。当中,位于道德路的福瑞轩(Forett@Bukit Timah)有可能在本周推出,成为解封后推出的首个较大型项目,它的销售反应预料会引起买家和市场极度关注。

其他受瞩目的新项目还包括位于沈氏通道的Penrose,以及金文泰1道的Clavon,它们都是约有600个单位的中型项目。

ERA产业主要执行员林东荣接受《联合早报》访问时透露,福瑞轩正等待建筑管制处(Controller of Housing)的销售准证,一旦获得批准,预计可在本周展开预览活动,并在国庆日时期正式推出。

这将是病毒阻断措施4月7日至6月1日实施以来,发展商推出的首个较大型项目。

他说:“楼市过去三个月多都没有新项目推出,福瑞轩的推出必然会引起市场和买家关注,况且这是解封后首个较大型项目,它的销售反应将对发展商起着重要的指引作用,让他们预测下来的楼市走势。”

福瑞轩是由青建地产和鹏瑞利置地联手发展,为永久地契项目,共有633个单位,销售尺价预计约1950元。

该项目原本计划在5月推出,却受阻断措施延长一个月的影响,导致它延迟到现在才推出。

林东荣表示,近期私宅市场强力反弹,上月新私宅销量环比增加超过一倍,发展商明显要趁着楼市回升势头,赶紧抓住潜在买家。事实上,Cairnhill 16和Mooi Residences已在上周提前“开跑”,展开销售活动。它们都是少过50个单位的小型项目,销售尺价超过2500元。

而接下来将登场的新项目有Penrose和Clavon、位于牛车水一带振瑞路的鼎瑞苑(The Landmark)、位于荷兰路的Hyll on Holland、武吉知马路上段的The Linq@Beauty World、以及基里玛路(Guillemard Road)的Noma等。  

博纳产业(Propnex)总裁伊斯迈(Ismail Gafoor)指出,下来推出项目大多位于市区边缘,地点相当优越,一些项目如Hyll on Holland、The Linq@Beauty World和Noma更是较少见的永久地契私宅项目。

他说:“下来新项目都颇具吸引力,估计会吸引到不少买家,提高整体市场买气,将新私宅销量推高至冠病前每月约700至800个单位的水平,甚至可能更高。”  

随着更多新项目推出,项目之间竞争更趋激烈,伊斯迈表示,发展商在定价方面要合理,才可吸引到买家,取得较好销售成绩。

市区重建局本月发布数据显示,6月新私宅销量虽环比增加超过一倍至998个单位,今年第二季私宅价格继续下滑,环比下跌1.1%。

合登房产集团(Huttons)研究主管李思德说,新项目推出会带动私宅交易,但我国仍面对经济衰退压力,发展商应该会保持谨慎态度,不敢轻易调高价格,而是倾力争取空挡机会卖房。

下个月19日至9月16日为俗称“鬼节”的农历七月,向来被视为房地产市场的淡季。但李思德表示,很多发展商相信会在这时候推出新项目,销售气氛可能不冷反“热”。

他笑说:“冠病及阻断措施打乱了许多人的安排,比如这个时期的学校假期,应该是9月中开始的。所以下个月虽然是‘鬼节’,估计发展商都不太忌讳这回事了,更关注如何利用现在买气较旺的机会,继续吸引买家的兴趣。”


共有する:

人気のコンテンツ

海外物件 ニュース

アジア
北美
ヨーロッパ
オセアニア
南アメリカ