ブロック解除後、需要のバックログにより、7月の未着陸の民間住宅取引は倍増しました。
解封后受积压需求推动 7月非有地私宅交易倍增
オリジナル 翻訳

Google翻訳が提供する技術サポート

ブロック解除後、需要のバックログにより、7月の未着陸の民間住宅取引は倍増しました。

アナリストは一般的に、中国の以前の8週間のウイルス対策によって生じた需要のバックログが、再販の個人住宅の取引量を押し上げる主な要因であると信じています。

7月の中国の未着陸住宅の売買高は、需要の反動により978戸に倍増し、6月と比較して、0.1%の微増で安定していた。

アナリストは、中国がブロック解除の第2フェーズに入り、現場での家の検査を再開すると、7月の取引量は予想どおり2倍になりました。今年の住宅価格の安定と相まって、冠動脈疾患の阻止措置の期間中であっても大幅な増加はありませんでした。この下落により、多くのバイヤーが市場に参入するようになりました。

シンガポールの不動産組合取引ネットワークSRXは昨日(8月11日)、最新の推定データを発表しました。6月と比較して、中央地域(OCR)外の人気のある個人宅の価格が1.6%上昇し、高級住宅(CCR)の中核となる地域を表しています。 )そして、ミッドレンジ住宅を表す他の中央地域(RCR)は、それぞれ1.7%と1.4%下落した。

今年の7月の未着陸の民家の価格は、昨年の同時期と比較して0.1%低下しました。その中で、人気のある民家は1.5%上昇し、高級住宅およびミッドレンジの住宅はそれぞれ2.6%と1.2%低下しました。

Propnexの調査およびコンテンツ責任者であるHuang Xiuying氏はLianhe Zaobaoに、人気のある民間住宅の価格の上昇は、主に民間アパートへのアップグレードを望むHDB所有者からの需要によって支えられていると語りました。

Orange Tee&Tieの調査およびコンサルティング部門の責任者であるSun Yanqing氏は、「現在の住宅価格は適切であり、成長の余地について楽観的であると考えるバイヤーもいます」と語った。

戸建戸建の売買戸数は6月も増加を続け、7月は978戸が前月比97.2%増、前年同月比10%増と5月平均5月比9.3%増となった。人気の民家が最も人気があり、総取引量の53.6%を占めています。次に、それぞれ27.8%と18.6%を占めるミッドレンジおよびハイエンドの民家が続きます。

アナリストは一般的に、中国の以前の8週間のウイルス対策によって生じた需要のバックログが、再販の個人住宅の取引量を押し上げる主な要因であると信じています。

ERAの業界調査およびコンサルティング部門の責任者であるMai Junrong氏は、もう1つの理由は、今年は5年間の最低居住期間(MOP)に達し、再販市場で販売できるHDBフラットが約26,000あることを指摘しました。一部の住宅所有者はこのユニットの販売を計画していると予想されます。家の裏にある民間アパートの購入は、民間住宅の転売に対する市場の需要を後押しします。

マイジュンロン氏は、今後の傾向に目を向けると、次の月次取引量は600〜1100になると予想しています。市場での大規模な新しい民間住宅プロジェクトの立ち上げにより、住宅購入の需要も転売市場に波及すると予想されます。

しかし、わが国の不確実な経済見通しはまた、個人住宅の転売価格も不確実性に直面していると述べ、年間を通じて1.5%上昇または1%低下すると予想されています。 Huang Xiuying氏は、住宅価格は横ばいで、年間の取引量は6,500〜7,000になると予想しています。


解封后受积压需求推动 7月非有地私宅交易倍增

分析师普遍认为,我国之前长达八个星期的病毒阻断措施所形成积压需求,是推高转售私宅交易量的关键因素。

受积压需求推动,我国7月份非有地私宅交易量倍增至978个单位,与6月份相比的转售价保持平稳,微升0.1%。

分析师指出,随着我国进入解封第二阶段并恢复实地看房活动,7月份交易量倍增在预料之内,加上今年来房价持稳,即便在冠病阻断措施期间也没有出现显著下跌,因此吸引不少买家进场。

新加坡房地产联合交易网SRX昨天(8月11日)发布最新预估数据显示,相较于6月份,中央区以外(OCR)的大众化私宅的价格增长1.6%,代表高档住宅的核心中央区(CCR)和代表中档住宅的其他中央区(RCR)的价格则分别滑落1.7%和1.4%。

跟去年同期比,整体非有地私宅价格在今年7月滑落0.1%,其中,大众化私宅上涨1.5%,高档住宅和中档住宅则分别下跌2.6%和1.2%。

博纳产业(Propnex)研究与内容主管黄秀莹告诉《联合早报》,大众化私宅价格上扬,主要受那些想提升到私人公寓的组屋业主需求所支撑。

橙易产业(Orange Tee & Tie)研究与咨询部主管孙燕清说:“部分买家认为当前房价适合,看好会有上涨空间。”

转售私宅交易量延续6月份涨势,7月份有978个单位转手,环比增长97.2%,同比则上扬10%,这比7月的五年平均水平高出9.3%。大众化私宅最抢手,占总交易量的53.6%,接着是中档和高档私宅,分别占27.8%和18.6%。

分析师普遍认为,我国之前长达八个星期的病毒阻断措施所形成积压需求,是推高转售私宅交易量的关键因素。

ERA产业研究咨询部主管麦俊荣指出,另一个原因是今年有大约2万6000个组屋单位达到五年最低居住年限(MOP),可在转售市场出售,预计部分屋主计划卖掉组屋后购买私人公寓,这推动私宅转售市场需求。

展望未来走势,麦俊荣预期接下来每月交易量介于600至1100个,随着大型新私宅项目推出市场,预计购屋需求也会外溢至转售市场。

然而,他表示我国经济前景不明朗也使私宅转售价面临不确定性,全年料上涨1.5%或下跌1%。黄秀莹则预期房价会持平,全年交易量在6500至7000个之间。

 


共有する:

人気のコンテンツ

海外物件 ニュース

アジア
北美
ヨーロッパ
オセアニア
南アメリカ