流行により、最初の7か月で商業用不動産のバルク取引が70%以上減少した
大宗商用房地产交易额 首七个月因疫情下滑逾七成
オリジナル 翻訳

Google翻訳が提供する技術サポート

流行により、最初の7か月で商業用不動産のバルク取引が70%以上減少した

今年の最初の7か月間で、COVID-19の大流行により大規模な商業用不動産取引の量は前年比70%以上減少しましたが、ブロッキング対策の終了後、少なくとも7つの大規模な商業用不動産が市場に投入され、所有者は商業用不動産市場の回復スピードに自信を持っていることがわかります。

今年1月から7月にかけて、不動産コンサルティング会社のJLLがLianhe Zaobaoに提供したデータによると、オフィススペース、小売スペース、および統合プロジェクトトランザクションのトランザクションごとに、500万元を超える合計25のトランザクションが発生しています。昨年の同時期の88億元をはるかに下回る10億元。

このうち、アリババシンガポールはグレードAのオフィスビルAXAタワー(AXAタワー)の50%の株式を約8億4,000万元で取得し、香港俊徳ホールディングスは111サマセット(TripleOne Somerset)の株式30%を取得しました。 、取引量は3億4200万元に達した。

ブロッキング措置の終了後に市場に投入された少なくとも7つの大規模商業用不動産

ジョーンズラングラサールのリサーチおよびコンサルティングディレクターであるシンガポールのZheng Huiyun氏はインタビューで、取引に適した大規模な商業用不動産は限られており、一部の取引は昨年完了したため、今年のブロック取引活動が鈍化し、コロナウイルスの流行が誘発されることが予想されると語った。旅行制限はこの問題を悪化させました。

憂鬱な世界経済にもかかわらず、阻止策の終了後、市場には少なくとも7つの大規模な商業用不動産が立ち上げられています。ハイストリートセンター(High Street Centre)とGSMビル(GSMビル)があり、それぞれ8億元と9億800万元で販売されました。 ABIプラザと今月オープンしたブルービルもあります。

販売を求める統合プロジェクトは、101 Beach RoadとVictory Pointで、要求価格はそれぞれ9000万元と1350万元です。

CB Richard Ellis Office Building ServicesのエグゼクティブディレクターであるZheng Zhaoneng氏は、オフィスビルと物流用不動産は国内外の投資家に支持されるが、買収目標は慎重に選択すると指摘しました。 「高品質の成層土地賃貸オフィススペース、特にグレードAのオフィススペースと施設の近くの不動産は、投資家の関心を高め続けます。投資家は一般的にバーゲンでの購入を望んでいますが、そのような高品質の不動産の価格は回復力があると予想しています、それは富を維持し、安定したリターンを提供できる投資ツールであるためです。」コリアーズインターナショナルのシンガポール研究部長であるソン・ミンウェイも同様の見解を持っています。彼女の観察によれば、投資機会を積極的に探している十分な資金を持つ多くの投資家がまだあります。 「市場にはさまざまな種類の販売用不動産があり、取引が成功する可能性を高めることができると思います。永久または999年のリースと優れた立地の不動産は、市場から良い反応を受けると信じています。」対照的に、比較的静かな集合住宅販売市場では、愛美山路にある民家は3軒だけです。

これは、過去2年間の個人住宅の集合販売が終わったためであり、昨年から徐々に減少していると考えている。逆に、投資に適した商業プロジェクトは限られており、景気後退にもかかわらず、現在のオフィス占有率は90%を超えており、オーナー様に市場への信頼を高めています。

商業用不動産市場は徐々に回復しており、鄭恵雲氏は今年のブロック取引量は昨年よりも少ないと予測しているが、来年のマクロ経済見通しが改善し、流行がうまく制御されれば、取引量は再開する。


大宗商用房地产交易额 首七个月因疫情下滑逾七成

今年首七个月的大宗商用房地产交易额因为冠病疫情而同比大跌逾七成,但阻断措施结束后有至少七个大型商用房地产推出市场,显示业主对商用房地产市场复苏的速度充满信心。

房地产咨询公司仲量联行(JLL)提供给《联合早报》的数据显示,在今年1月至7月,每宗交易额超过500万元的办公空间、零售空间和综合项目交易,共为25亿元,远低于去年同期的88亿元。

当中,阿里巴巴新加坡以大约8亿4000万元收购甲级办公楼安盛保险大厦(AXA Tower)50%股权,以及香港信德集团(Shun Tak Holdings)收购111索美塞(TripleOne Somerset)30%股权,交易额达3亿4200万元。

至少七个大型商用房地产在阻断措施结束后推出市场

仲量联行新加坡研究与咨询部主管新加坡郑惠匀受访时说,由于适合买卖的大型商用房地产有限,而一些交易已在去年完成,因此已预计今年的大宗交易活动会放缓,冠病疫情引发的出行限制加剧了这个问题。

尽管全球经济暗淡,但仍有至少七个大型商用房地产在阻断措施结束后陆续推出市场。当中包括分别以8亿元和9800万元要价集体求售的水仙门中心(High Street Centre)和山源大厦(GSM Building)。另外还有国信大厦(ABI Plaza)和在本月才推出的The Blue Building。

求售的综合项目则有美芝路101号大楼和Victory Point,要价分别为9000万元和1350万元。

世邦魏理仕办公楼服务部执行董事郑兆能指出,办公楼和物流房地产会受到海内外投资者的青睐,但他们会仔细挑选收购目标。“优质分层地契办公空间,尤其是甲级办公空间和靠近设施的房地产会继续引起投资者的兴趣。虽然投资者一般都希望能趁低收购,但我们预计这类优质房地产的价格具有抗跌能力,因为是保留财富的投资工具,而且能提供稳定回报。”高力国际新加坡研究部主管宋明蔚也有类似看法。据她观察,目前仍有许多资金充足的投资者积极寻找投资良机。“市面上待售的房地产种类多元,相信能提高交易成功的概率。我们认为,具有永久或999年地契,地点优越的房地产会获得市场不错的反应。”反观相对淡静的私宅集体出售市场,只有爱美丽山路的三座永久地契私宅。

郑兆能认为,这是因为前两年的私宅集体求售热度已过,去年开始便逐渐减少。相反地,适合投资的商用项目有限,而且尽管经济萎缩,目前的办公空间租用率依然在90%以上,让业主对市场有很大的信心。

商用房地产市场正逐步复苏,郑惠匀预测,今年的大宗交易量会低于去年,但若明年宏观经济展望改善而且疫情成功受控,交易量就会恢复。


共有する:

人気のコンテンツ

海外物件 ニュース

アジア
北美
ヨーロッパ
オセアニア
南アメリカ